楽天ショップの広告の必要性。

0
楽天ショップの広告の必要性。

中川です。


インターネット・コンピュータ ブログランキングへ

 

①楽天ショップの広告の使い方、必要性について。

 

楽天内のCPC広告の話を頂いて使用しています。
広告(プロモーションメニュー)から入り設定していきます。

 

CPC広告からの転換率がわかるとかなりいいのですが
とりあえず広告として使用して模索してみようと思います。

 

まず設定の方法なのですが楽天CPC広告から入り
キャンペーンをクリックします。
新規登録、キャンペーン名、ステータス、継続月予算円、当月限定予算円
などを決めて、確認して進めていきます。

 

そうすると、広告グループができますので商品を登録していきます。
広告には、モバイル、PCとあり両方設定します。
*画像は「インパクトのある画像」か「なんの商品か」が
わかるような写真がいいそうです。

 

広告グループを登録するキャンペーンを選ぶ
次に広告掲載商品選択、商品名で検索、商品管理番号で検索
予算は、上限を決めれるのでいいですね!
とりあえず、クリック課金型なので20000円を上限に
設定してみました。

 

クリックの状況などは、楽天のメールから
今月の集客状況のご報告がきますので、消化状況などが把握できます。
キヤンペーンや、CPC広告を使い分けて販売戦略が立てれると
売り上げも伸びるのではないでしょうか!?

 

②楽天のRMSコールセンターで不満なとこ

 

楽天のRMSコールセンターの対応で不満なところは
電話しても、待ち時間が長いのなんの。。。

 

わからないことを聞こうと思いコールセンターに電話すると
毎回、お客様は、10なん番目にお待ちい頂いています。
約何分の待ち時間となります。。。
このせいで、電話料金がかさみ電話するの気がなくなっています。

 

でも、さすがにわからないことは電話しますが。
この待ち時間を何とかしていただきたいですね!

 

③楽天のクーポン設定も使えますね。

 

はじめにクーポン名を決めます。
★お得な1000円OFFクーポン★←こんな感じ。
値引きプラン 「1,000円引き」←値引き額を決めます。
クーポン画像をR-Cabinetで選びます。

 

次に獲得条件を決めていきます。
クーポン獲得金額条件を決めます→「10,000円(税込)以上の購入でクーポン獲得」
クーポン獲得期間を指定していきます。
開始日時 2016-01-01 00:00:00
終了日時 2016-02-31 23:59:59
獲得対象ユーザ すべてのユーザ

 

次に利用条件を決めていきます。
クーポン利用金額条件→「注文金額10,000円(税込)以上お買い上げの場合に利用可能」
1ユーザあたりの利用回数条件 1回
クーポン併用可否 併用不可
クーポンが有効になるまでの期間 10日
クーポン有効期間 2ヶ月

 

上記のようにクーポンを設定して、購入率を上げています。
現在の感想ですが、クーポンを出している月は購入率が
上がっており、クーポンを出していない月は購入率が
下がっている傾向にありました。

 

なので、購入率を上げるためにも
クーポンの設定は必要なのものだと感じました!

【Sponsered Link】

Leave a Reply

Name
Name*
Email
Email *
Website
Website

CAPTCHA