古物商 許可 申請までの流れ(転売ビジネス)

0
古物商 許可 申請までの流れ(転売ビジネス)

 

スポンサーリンク

古物商許可を取る(転売をビジネスにするなら)

個人で取得した方が安いです。
代行業社にお願いすると費用もかかるし
どうやって取得したらいいのかわからない

 

そんなあなたに
古物商許可申請の方法をお伝えします。

 

これを読んでいるあなたは
ビジネスですか、副業ですか?
ビジネスにするのであれば
取得しておいた方がいいです。

 

まずは副業についての説明。
転売でも古物商許可が必要なのか?

 

*副業、転売と言っても
個人レベルでの売り買いや
趣味のものをオークションに出す場合は
必要ないでしょう。

 

転売をビジネス(仕事)にする場合は
取得しておいた方がベストです。

 

 

転売でも古物商許可が必要なのか?

そもそも古物取り扱いってナニ?

 

一度使用された物品だけでなく
新品でも使用のため一度取り引きされた物品、
これらのものに幾分の手入れをした物品を
全て古物といいます。
これらの売買を行なうには古物商の許可が必要です。

 

申請費用には19,000円が必要となり、
申請から許可までには40~60日間(管轄で異なる)がかかります。
また、もし無許可で古物商の営業を行うと
『懲役3年または100万円以下の罰金』が課せられます。
きちんと許可を取り、健全な運営を行いましょう。
*19,000円は申請費用のみです。
プレートや、営業許可証などは別途必要です。

 

 

古物申請までのオススメ手順

 

古物商許可申請(警視庁)

 

◆ダウンロードもできます*個人用です。
・個人用古物許可申請書(https://goo.gl/AVugLs
記載例(https://goo.gl/TQL2dy

 

・個人用契約書(https://goo.gl/QztALh

 

・略歴書(https://goo.gl/rTpdN8
記載例(https://goo.gl/SI0bJi

 

・使用承諾書
PDF(https://goo.gl/n1yoCY)

古物営業を行う場所の記載が必要。
アパートやマンションであれば賃貸契約書の写しと
建物のオーナー、または管理会社に使用承諾を得る必要があります。

 

それ以外に必要なものは
管轄内の警察に直接聞いてみましょう!

 

直接言って聞く場合は
警察署の「古物担当」係へ行って
必要書類をもらいましょう(申請書など)

 

常に身分証明書と印鑑を持つこと。
特に申請の印鑑は訂正印にも使えるので必須です。
全ての書類に記載後、コピーが必要な場合があります。
押印箇所は必ず確認しましょう。
*ゆるいところもあれば、
厳しいところもあるようです。

 

上記の書類をそろえて提出すれば申請は完了です。
取得しておけば、今後安心して古物の取扱いができます。

 

心配しながら物販を行うよりは
安心して作業をした方が効率も良く
稼ぐスピードも格段に速くなるでしょう!

 

あなたがしっかり稼いで
ビジネスにするのであれば
取得しましょう!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットの知識を幅広く学ぶことが
これからのインターネットビジネスで
活路を見出すことができます。

僕もこれで知識を広げて
今ではいろんなことが
できるようになりました。

 

【Sponsered Link】

 

友だち追加

Leave a Reply

Name
Name*
Email
Email *
Website
Website

CAPTCHA